勘違いしてたかも

求人だして見て、今回わかったこと。どうやら若い人が多いEN転職での求人だと

そういうこっちゃない。ということがわかってきた。

まだまだ勉強不足。


そういうこっちゃない。というのは

転職活動する中で「自分のポテンシャル」が何なのか分かってないのではないのだろうか?

ということ。

これは、転職活動する上で皆わかった上で活動していると思っていたけれど、どうやらそうではないらしい。


・業界

・職種


この2つをとっても、分からないのではなかろうか。

つまり、自分はどの業界にむいているのか。ITなのか小売なのかアパレルなのか物流なのかエンタメなのか。

職種は?広報なのか営業なのか開発なのか運用なのか総務なのか。


・役割

・成果


この2つでも、規模は?チームでお互いの役割を尊重しあって成果をだすパターンと、個人プレイで出すパターンと。


これらが、分かっていたらどんな業界でどんな職種でどんな構成で求められるものにどう応えられるか、という自信も持って転職活動できるけれど、逆にこれが分かっていないと

模索のための転職活動にならざるを得ないのではないだろうか。


今までの業界、職種、経験を見られる転職において

新しい挑戦をするための転職活動つまり自分のポテンシャルを探るための転職活動だとしたら、どうだろう・・・その間口は「中途採用」において狭いのではないだろうか。

なぜなら即戦力を求められがちなので。


これは、気づけなかった。

では、弊社では?と、なるとまだ出来て間もないこともあってポテンシャルに期待!というのが、多くこれまでの採用者の中でもほとんど未経験の人ばかり採用している。


では、そのポテンシャルはあるのかないのか?

それは、誰にも分からない。

分からないならやってみるしかない。

なので、やってみる!やってみせる!という人を採用している気がする。

改めて振り返ると・・・


転職活動する側と中途採用する側で、ないんかが食い違うのはこういうことなのかもなあ。と、改めて痛感したという話


閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

さて、早いもので求人も4回目。 今回の求人内容はヘルプデスク。 それも、まだ真っ新な部署というか何というかほとんど1から作っていくイメージ。 せっかく1から作るなら、世の中のイメージするコールセンターの様なものではつまらない。それでは、イマイチ未来がない。 だから、未来の価値あるコンサルセンターを目指して作っていきたいと思う。 思うのだけれど、その手法なんかも考えているのだけれど 中々イメージを求

割とたくさんのご応募を頂いて、うれしい限り。 ただ、まあアンマッチというか応募者が希望されている人生とは大分違うんじゃないか? と、思う方には今回は採用に至らない結果にさせていただいた。 例えば、どう考えてもIT系に興味がなさそうな人。 #アパレル業界や飲食希望しますって書いてますよ・・・ 大企業で安定している所を望みます!と言ってる人。 #あのまだ出来てまもなく小さい企業ですよ・・・ 求人サイト

人が情報を発信できる時代になってから、情報過多から取捨選択の時代とか言われているけれど、そういうこっちゃない事になってきてる気がする。 その一昔前は「情報」が足りないので「創造」して「確認行動」をしていた。 これが、「とりあえず行動してみないと分からないから行動してみろ」の由縁なんだろうけど、今は行動する前にある程度情報確認できるようになった。そのおかげで「創造」しなくなった。 これ、どういう事か