すごいぞ「うち」の社員

最終更新: 2019年4月14日

2019年4月 

「うち」に5人の社員が入ってきた。


びっくりした。

だって、みんな「すごい」んだもの。

最初から火つきまくり、燃えまくり。

燃えまくりすぎて、いきなり空中分解しそうなくらい。


戦でいうなら、全員武将。


もう全開で僕のせいなんだけど。

まさか、まさか。

ここまで、すごいと思ってなかった。


なんせ、僕は現場にいない状態で「任せた!」ってやってみたら

どうなるんだろう?っという実験だった。


ヤバかった。アホだった。たった3日で空中分解しそう。

でも、同時に思った。これはすごい人たちが集まってきた。

うちの社員は全員、すごい!これはちゃんとチームになったら

何でも出来るんじゃないか?!と思うほど。


何がすごいか。「こうするべきだろ!」「ああするべきだ!」

「自分」の意見を「言いたい」ことをガンガン言ってくれる。

考えてくれる。


え?そんなの当たり前?

いや、僕はこれが「すごい」と思った。

だって、みんな自分に自信を持ってる。

なぜなら「成功体験」をしているから。


成功体験の裏には、たくさんの苦い思いも知ってる。

何かに真剣に取り組んだことがある。

だから3Cの経営理念。


chance

challenge

change


これを、理解してくれる。

なぜなら、そこに学びがあり、何かを形にするにはこれが大事だと知っているから。


でも、僕は間違えた。最初に伝えるべきことを

ちゃんと伝えていなかったことに。


まずはお客様の前に「仲間」のことを考えられるようにならないと空中分解しちゃうこと。

正しい事が必要なのではなくて、仲間のすごいところを認めること。

まず、最初にこれが大事だと、伝えていなかった。


はやく伝えなくては。

56回の閲覧

最新記事

すべて表示

ADHD

ひょっとして?まさかな?ひょんなことからADHDの症状について調べてみた。そしたら、アレ?私、見事に当てはまる・・。 病院はまだ行ってないけど、ADHDって診断される確率80%はあるんじゃなかろうか。 いや、思い当たるのが小学生から振り返ってもありすぎてビックリするほど、たくさんのエピソードがある。そのすべてのエピソードというか事実が社会に出る前に「あ。おれ、たぶん無理だ。どうしよ・・・」と気づい

納得、満足、感動

何かを行動したり、何かをプレゼントしたり、何かをお願いしたり。そんなときに意識しなくちゃいけないのは何か。 それは「相手」が納得してくれたか。 これは、最低限超えるべきハードル。サービス偏差値50のハードル。 これなくして、物事は進めてはいけない。 納得なんて関係ない。ルールなんだから、常識でしょ?とかいうのは論外。 でも、これやってる人結構いる。そしてそこに違和感を感じてもない人もいる。 まあ、

信用

商工リサーチから、今年度どうですか?提出してくれればデータベース更新するから。 って手紙が来た。帝国バンクからは来ないけど。 さて、この商工リサーチやら帝国バンクってなんちゅうか、変な会社だよなあ。 「信用」したいんでしょ?ホラ、信用できるかどうか数値化したから、知りたければ買いな!って商売。 企業の「信用」を勝手に数値化して売り物にしてる。しかもその売り物の情報は無料で吸い上げている。ホラよデー