すごいぞ「うち」の社員

更新日:2019年4月14日

2019年4月 

「うち」に5人の社員が入ってきた。


びっくりした。

だって、みんな「すごい」んだもの。

最初から火つきまくり、燃えまくり。

燃えまくりすぎて、いきなり空中分解しそうなくらい。


戦でいうなら、全員武将。


もう全開で僕のせいなんだけど。

まさか、まさか。

ここまで、すごいと思ってなかった。


なんせ、僕は現場にいない状態で「任せた!」ってやってみたら

どうなるんだろう?っという実験だった。


ヤバかった。アホだった。たった3日で空中分解しそう。

でも、同時に思った。これはすごい人たちが集まってきた。

うちの社員は全員、すごい!これはちゃんとチームになったら

何でも出来るんじゃないか?!と思うほど。


何がすごいか。「こうするべきだろ!」「ああするべきだ!」

「自分」の意見を「言いたい」ことをガンガン言ってくれる。

考えてくれる。


え?そんなの当たり前?

いや、僕はこれが「すごい」と思った。

だって、みんな自分に自信を持ってる。

なぜなら「成功体験」をしているから。


成功体験の裏には、たくさんの苦い思いも知ってる。

何かに真剣に取り組んだことがある。

だから3Cの経営理念。


chance

challenge

change


これを、理解してくれる。

なぜなら、そこに学びがあり、何かを形にするにはこれが大事だと知っているから。


でも、僕は間違えた。最初に伝えるべきことを

ちゃんと伝えていなかったことに。


まずはお客様の前に「仲間」のことを考えられるようにならないと空中分解しちゃうこと。

正しい事が必要なのではなくて、仲間のすごいところを認めること。

まず、最初にこれが大事だと、伝えていなかった。


はやく伝えなくては。

閲覧数:72回0件のコメント

最新記事

すべて表示

起業した場合、これからする場合、もしくは起業して5年そこらの場合 あれは?これは?とアイデアだけはポンポン浮かんできますが、具体的に計画に落とす前に あ。これはダメだと気付き、次に計画に落としながら、あ、これもダメだ。と消えていきます。 え、そんなのやってみないと分からない。行動あるのみ!10やれば1くらい当たるかもしれない。1当たれば十分取り返せるさ!という事も良く聞くと思いますが、これは、なん

ブログといいつつ、ちゃんと更新できていないのでちょっと更新するクセをつけようと思って今日から書いてみる。 1. 社長って結構しんどいよ えっとね、これね。何か自由そうに思うじゃん。なんでも勝手気ままに生きてると思うじゃん。いや、ホント気ままに生きたいけど、「明日どうなるか分かりません」そのために備えて今を生きなさい。っていうもう一人の自分が消えない。遊ぼうものなら「おいおい、いいのか?」って言って

なんというか、立て続け💦 これまで、退職者が誰もでなかったのだけれども、遂に退職者がでてしまった・・・ ま、理由的には仕方がないのだけれど、これでお別れという訳でもないので 気持ち的には、落ち込まないで済んでいるかな。 と言う訳で、急遽5回目の求人。 はてさて、皆さん興味は頂いているようだけども いつもと違って何だか応募までしてくれる方は少なめ。 何故なのかな?うーん。時期的に中途半端な時期とも