すごいぞ「うち」の社員

最終更新: 2019年4月14日

2019年4月 

「うち」に5人の社員が入ってきた。


びっくりした。

だって、みんな「すごい」んだもの。

最初から火つきまくり、燃えまくり。

燃えまくりすぎて、いきなり空中分解しそうなくらい。


戦でいうなら、全員武将。


もう全開で僕のせいなんだけど。

まさか、まさか。

ここまで、すごいと思ってなかった。


なんせ、僕は現場にいない状態で「任せた!」ってやってみたら

どうなるんだろう?っという実験だった。


ヤバかった。アホだった。たった3日で空中分解しそう。

でも、同時に思った。これはすごい人たちが集まってきた。

うちの社員は全員、すごい!これはちゃんとチームになったら

何でも出来るんじゃないか?!と思うほど。


何がすごいか。「こうするべきだろ!」「ああするべきだ!」

「自分」の意見を「言いたい」ことをガンガン言ってくれる。

考えてくれる。


え?そんなの当たり前?

いや、僕はこれが「すごい」と思った。

だって、みんな自分に自信を持ってる。

なぜなら「成功体験」をしているから。


成功体験の裏には、たくさんの苦い思いも知ってる。

何かに真剣に取り組んだことがある。

だから3Cの経営理念。


chance

challenge

change


これを、理解してくれる。

なぜなら、そこに学びがあり、何かを形にするにはこれが大事だと知っているから。


でも、僕は間違えた。最初に伝えるべきことを

ちゃんと伝えていなかったことに。


まずはお客様の前に「仲間」のことを考えられるようにならないと空中分解しちゃうこと。

正しい事が必要なのではなくて、仲間のすごいところを認めること。

まず、最初にこれが大事だと、伝えていなかった。


はやく伝えなくては。

59回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

0から1 1から10

よく0から1を生み出すのと、1から10にするのとどっちが大変といわれるけども。 実は0から1を生む段階で1を10にする事も考えて0から1を生んでいる事は意外といわれない。または1から10にしやすい様に開発している。 だから、1から10になるのは自然の流れ。どんな10にするかは人それぞれ。 または0から1が出来ないといわれるが、0から1は割と誰でも生活の中でもやってたりする。それが商品になってHIT

求人募集スタート

さてさて、去年に次いで2回目の求人募集スタートとなったのだけど思ったより反響を頂いているので嬉しい限り。 もしかしたら?これを見る人がいるかも知れない。という事を踏まえて求人内容に記載してない事を書いてみようと思う。 1. 離職率・・・・・今のところ誰も辞めてません。ありがたい 2. チーム比率・・・女性2男性5 3. 会社の文化・・・呑み会とか○○会とかほぼナシ。コロナに関係なくほとんどナシ。

同等の立場

なんだかね。 起業して間もなく3年になるけれども、まだまだヒヨッコ。 どうやら、誰かに何かをしてもらう。というこの「貰う」という行為に慣れてなさ過ぎて 貰ってしまうと落ち着かない。 なんでだろう。小さい頃から引っ越しお連続だったからか、目立ちすぎず、目立たなすぎず で輪に溶け込むのが最優先って感じから始まり、誰かに何かをしてそれとなく、ここで生きてるよーみたいな存在をアピールしつつ何となく居場所を