すごいぞ「うち」の社員

更新日:2019年4月14日

2019年4月 

「うち」に5人の社員が入ってきた。


びっくりした。

だって、みんな「すごい」んだもの。

最初から火つきまくり、燃えまくり。

燃えまくりすぎて、いきなり空中分解しそうなくらい。


戦でいうなら、全員武将。


もう全開で僕のせいなんだけど。

まさか、まさか。

ここまで、すごいと思ってなかった。


なんせ、僕は現場にいない状態で「任せた!」ってやってみたら

どうなるんだろう?っという実験だった。


ヤバかった。アホだった。たった3日で空中分解しそう。

でも、同時に思った。これはすごい人たちが集まってきた。

うちの社員は全員、すごい!これはちゃんとチームになったら

何でも出来るんじゃないか?!と思うほど。


何がすごいか。「こうするべきだろ!」「ああするべきだ!」

「自分」の意見を「言いたい」ことをガンガン言ってくれる。

考えてくれる。


え?そんなの当たり前?

いや、僕はこれが「すごい」と思った。

だって、みんな自分に自信を持ってる。

なぜなら「成功体験」をしているから。


成功体験の裏には、たくさんの苦い思いも知ってる。

何かに真剣に取り組んだことがある。

だから3Cの経営理念。


chance

challenge

change


これを、理解してくれる。

なぜなら、そこに学びがあり、何かを形にするにはこれが大事だと知っているから。


でも、僕は間違えた。最初に伝えるべきことを

ちゃんと伝えていなかったことに。


まずはお客様の前に「仲間」のことを考えられるようにならないと空中分解しちゃうこと。

正しい事が必要なのではなくて、仲間のすごいところを認めること。

まず、最初にこれが大事だと、伝えていなかった。


はやく伝えなくては。

閲覧数:63回0件のコメント

最新記事

すべて表示

割とたくさんのご応募を頂いて、うれしい限り。 ただ、まあアンマッチというか応募者が希望されている人生とは大分違うんじゃないか? と、思う方には今回は採用に至らない結果にさせていただいた。 例えば、どう考えてもIT系に興味がなさそうな人。 #アパレル業界や飲食希望しますって書いてますよ・・・ 大企業で安定している所を望みます!と言ってる人。 #あのまだ出来てまもなく小さい企業ですよ・・・ 求人サイト

人が情報を発信できる時代になってから、情報過多から取捨選択の時代とか言われているけれど、そういうこっちゃない事になってきてる気がする。 その一昔前は「情報」が足りないので「創造」して「確認行動」をしていた。 これが、「とりあえず行動してみないと分からないから行動してみろ」の由縁なんだろうけど、今は行動する前にある程度情報確認できるようになった。そのおかげで「創造」しなくなった。 これ、どういう事か

求人だして見て、今回わかったこと。どうやら若い人が多いEN転職での求人だと そういうこっちゃない。ということがわかってきた。 まだまだ勉強不足。 そういうこっちゃない。というのは 転職活動する中で「自分のポテンシャル」が何なのか分かってないのではないのだろうか? ということ。 これは、転職活動する上で皆わかった上で活動していると思っていたけれど、どうやらそうではないらしい。 ・業界 ・職種 この2