すごいぞ「うち」の社員

最終更新: 2019年4月14日

2019年4月 

「うち」に5人の社員が入ってきた。


びっくりした。

だって、みんな「すごい」んだもの。

最初から火つきまくり、燃えまくり。

燃えまくりすぎて、いきなり空中分解しそうなくらい。


戦でいうなら、全員武将。


もう全開で僕のせいなんだけど。

まさか、まさか。

ここまで、すごいと思ってなかった。


なんせ、僕は現場にいない状態で「任せた!」ってやってみたら

どうなるんだろう?っという実験だった。


ヤバかった。アホだった。たった3日で空中分解しそう。

でも、同時に思った。これはすごい人たちが集まってきた。

うちの社員は全員、すごい!これはちゃんとチームになったら

何でも出来るんじゃないか?!と思うほど。


何がすごいか。「こうするべきだろ!」「ああするべきだ!」

「自分」の意見を「言いたい」ことをガンガン言ってくれる。

考えてくれる。


え?そんなの当たり前?

いや、僕はこれが「すごい」と思った。

だって、みんな自分に自信を持ってる。

なぜなら「成功体験」をしているから。


成功体験の裏には、たくさんの苦い思いも知ってる。

何かに真剣に取り組んだことがある。

だから3Cの経営理念。


chance

challenge

change


これを、理解してくれる。

なぜなら、そこに学びがあり、何かを形にするにはこれが大事だと知っているから。


でも、僕は間違えた。最初に伝えるべきことを

ちゃんと伝えていなかったことに。


まずはお客様の前に「仲間」のことを考えられるようにならないと空中分解しちゃうこと。

正しい事が必要なのではなくて、仲間のすごいところを認めること。

まず、最初にこれが大事だと、伝えていなかった。


はやく伝えなくては。

56回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

イノベーション

もうまもなく、2社目が設立されてボチボチ始動する第2弾の事業。これはある業界にイノベーションを起こすのだ!という意気込み。 ・・・なに。イノベーションて。何回聞いてもこの耳障りキライ。 革命とか新しい仕組みとか、そういえばいいのに。文字数もそっちのほうが少ないし なにより伝わるやん。なんでワザワザ分かりにくい言葉使うの?ナンナノ?馬鹿なの? と思ってしまう。 なので、たまに会話にこういう言葉使う人

地味な毎日

今日も明日も明後日も。 目の前の事をやっているだけじゃ、「ドラマ」は生まれない。 結果、昨日と変わらない地味な毎日になる。 地味な毎日の中では充実感が得られず、魂が失速していく。 なんかこう、このままずーっとこうなのか? と、感じ始めたりする。 だったら、何か昨日とは違う今日だけの事をやればいい。 食べた事ないもの食べてみる、聞いた事のないジャンルの音楽を聴く 行った事のない場所へ行ってみる。やっ

ADHD

ひょっとして?まさかな?ひょんなことからADHDの症状について調べてみた。そしたら、アレ?私、見事に当てはまる・・。 病院はまだ行ってないけど、ADHDって診断される確率80%はあるんじゃなかろうか。 いや、思い当たるのが小学生から振り返ってもありすぎてビックリするほど、たくさんのエピソードがある。そのすべてのエピソードというか事実が社会に出る前に「あ。おれ、たぶん無理だ。どうしよ・・・」と気づい