ついに、問合せの電話が来た!

いやあ、このホームページは求人特化型のホームページ。一緒に働いてもいいかな?と思ってもらえるように、できるだけ赤裸々にそのままを伝えたい思いで作ったホームページ。


そして、ついに来たよ!問合せの電話が!


「すいません!雑誌掲載のインタビューで連絡しました!ビジネス雑誌のインタビュー!

です」


いや、なんでだよ(笑)どっからどうみても、求人ホームページやん。


「有名人とインタビュー!に伺います!是非インタビューさせてください!」

一瞬 「え?!マジで?!」とは思ったけどさ。


やっぱり、いやだから何でだよ(笑)


でもタレントの名前だけ聞いたら、

もう今はテレビに出てないけど、前は確かに良く出てたよね。みたいなタレントの名前。


会話しながら「埼玉最高ッスよね!特に蕨!」


いや、だから何でだよ(笑)

んで、着信電話番号みたら大阪(笑)


会話しながら検索スタート。雑誌名は○○○

実際ネット検索すると、本当にタレントがくるらしい(笑)

タレントってなんでもやるんだな。こんな人だます様なこと片棒かつぐんだなあ。

とか思いながら出てくるキーワードは「取材商法」

いや、いいんだけどさ。昔の有名人に会える+誰もみない雑誌。そもそも売ってんの?レベルの雑誌に本当に載る。というので5万円~

で、記念だ!とか割り切るなら、いいのかもしれないけどさ。詐欺じゃないのかもしれないけどさ。


というわけで、ホームページで求人みたんですが・・・というのを期待してたら

最初に来た電話がコレだった。というお話。



閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

割とたくさんのご応募を頂いて、うれしい限り。 ただ、まあアンマッチというか応募者が希望されている人生とは大分違うんじゃないか? と、思う方には今回は採用に至らない結果にさせていただいた。 例えば、どう考えてもIT系に興味がなさそうな人。 #アパレル業界や飲食希望しますって書いてますよ・・・ 大企業で安定している所を望みます!と言ってる人。 #あのまだ出来てまもなく小さい企業ですよ・・・ 求人サイト

人が情報を発信できる時代になってから、情報過多から取捨選択の時代とか言われているけれど、そういうこっちゃない事になってきてる気がする。 その一昔前は「情報」が足りないので「創造」して「確認行動」をしていた。 これが、「とりあえず行動してみないと分からないから行動してみろ」の由縁なんだろうけど、今は行動する前にある程度情報確認できるようになった。そのおかげで「創造」しなくなった。 これ、どういう事か

求人だして見て、今回わかったこと。どうやら若い人が多いEN転職での求人だと そういうこっちゃない。ということがわかってきた。 まだまだ勉強不足。 そういうこっちゃない。というのは 転職活動する中で「自分のポテンシャル」が何なのか分かってないのではないのだろうか? ということ。 これは、転職活動する上で皆わかった上で活動していると思っていたけれど、どうやらそうではないらしい。 ・業界 ・職種 この2