ついに、問合せの電話が来た!

いやあ、このホームページは求人特化型のホームページ。一緒に働いてもいいかな?と思ってもらえるように、できるだけ赤裸々にそのままを伝えたい思いで作ったホームページ。


そして、ついに来たよ!問合せの電話が!


「すいません!雑誌掲載のインタビューで連絡しました!ビジネス雑誌のインタビュー!

です」


いや、なんでだよ(笑)どっからどうみても、求人ホームページやん。


「有名人とインタビュー!に伺います!是非インタビューさせてください!」

一瞬 「え?!マジで?!」とは思ったけどさ。


やっぱり、いやだから何でだよ(笑)


でもタレントの名前だけ聞いたら、

もう今はテレビに出てないけど、前は確かに良く出てたよね。みたいなタレントの名前。


会話しながら「埼玉最高ッスよね!特に蕨!」


いや、だから何でだよ(笑)

んで、着信電話番号みたら大阪(笑)


会話しながら検索スタート。雑誌名は○○○

実際ネット検索すると、本当にタレントがくるらしい(笑)

タレントってなんでもやるんだな。こんな人だます様なこと片棒かつぐんだなあ。

とか思いながら出てくるキーワードは「取材商法」

いや、いいんだけどさ。昔の有名人に会える+誰もみない雑誌。そもそも売ってんの?レベルの雑誌に本当に載る。というので5万円~

で、記念だ!とか割り切るなら、いいのかもしれないけどさ。詐欺じゃないのかもしれないけどさ。


というわけで、ホームページで求人みたんですが・・・というのを期待してたら

最初に来た電話がコレだった。というお話。



36回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

0から1 1から10

よく0から1を生み出すのと、1から10にするのとどっちが大変といわれるけども。 実は0から1を生む段階で1を10にする事も考えて0から1を生んでいる事は意外といわれない。または1から10にしやすい様に開発している。 だから、1から10になるのは自然の流れ。どんな10にするかは人それぞれ。 または0から1が出来ないといわれるが、0から1は割と誰でも生活の中でもやってたりする。それが商品になってHIT

求人募集スタート

さてさて、去年に次いで2回目の求人募集スタートとなったのだけど思ったより反響を頂いているので嬉しい限り。 もしかしたら?これを見る人がいるかも知れない。という事を踏まえて求人内容に記載してない事を書いてみようと思う。 1. 離職率・・・・・今のところ誰も辞めてません。ありがたい 2. チーム比率・・・女性2男性5 3. 会社の文化・・・呑み会とか○○会とかほぼナシ。コロナに関係なくほとんどナシ。

同等の立場

なんだかね。 起業して間もなく3年になるけれども、まだまだヒヨッコ。 どうやら、誰かに何かをしてもらう。というこの「貰う」という行為に慣れてなさ過ぎて 貰ってしまうと落ち着かない。 なんでだろう。小さい頃から引っ越しお連続だったからか、目立ちすぎず、目立たなすぎず で輪に溶け込むのが最優先って感じから始まり、誰かに何かをしてそれとなく、ここで生きてるよーみたいな存在をアピールしつつ何となく居場所を