コロナ騒ぎ

緊急事態宣言。全国で外出自粛

とはいえ

うちは、お客様に準じて最大限のパフォーマンスをださないとならない。

そのお客様が、インフラ事業は止められない!という。確かにその通り。


ただ、うちの社員に「そういうわけで、よろしく。」というのは何とも気持ちが後ろめたい。後ろめたいけど、やっぱりよろしく!としか言えない。


会社が出来ること。それは頑張ってくれる皆への誠意。まずはお金と思ってコロナ手当を3か月ごとに3万円つけるから!と言ったけど「・・・」という反応。

そっか、そりゃ、そうだよな。何かごめん・・・。と、思ったけど違った。


いや直接聞いてないから何とも言えないけど皆の反応の意味は

「へ??なにが?お客様が出勤なんだから出勤。お客様がテレワークと言えばテレワーク。いや現場動いてるんだから。当然でしょ?それより、どうやって回す?」何かそんな反応だった。


本当にありがたい。感謝しかない。


お客様も、そんな僕らに「ありがとう」と思ってもらえている。

「当たり前だろ!クライアントが動くんだから!」とは言われないのはそりゃそうなんだけど、本当にありがとうと思ってもらえていると感じ取れる様なそんなお客様だからこそ、みんなも「へ?当たり前でしょ」という反応だったのかも知れない。


ふとニュースで毎日のように流れる世の中の個人店は・・・

コロナの影響で医療崩壊に陥ると、いろんな人に迷惑がかかる。それだけじゃない経済はもっと止まる。それは分かってる。分かってるけど、コロナにかかるかも知れないという事と店を閉めたら確実につぶれると思って自粛するのを天秤にかけると、精神的ダメージだけでも、後者のほうが圧倒的。眠れないし食欲もわかない。確実につぶれるというイメージばかりがチラついてる。


だから、店を開ける。消毒・コロナ対策はバッチリにして。

うちは大丈夫です!と言いながら。


その気持ちは僕も同じ。今はたまたま大丈夫というだけ。だから、そんなお店の経営者の気持ちを考えると、どうしても自分と重なって応援したくなる。

さて、何ができる?まずは食べに行くこと。町を車で見に行ってみた。

当然ながら閑散としていた。店はしまっていた。でも有料駐車場の警備員は立っていた。

店もしまり、人通りも車通りもない町で。

その有料駐車場にとめた。駐車場の中はガラガラだった。


あるいていたらラーメン屋さんがやっていた。「やっぱり・・」と思って近づいて見たらビックリ。お客さんが列をなして並んでる。

「え?」と、思った。


ふと、向かいの中華屋もやっていた。でも誰も並んでいなかった。

普段の努力がこんなにハッキリ結果にでる光景もなかなか無いよな。そんな気持ちになった。


うちもようやく2周年を迎える。

改めてフンドシ・・・トランクスしめなおして頑張らねば。




21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

イノベーション

もうまもなく、2社目が設立されてボチボチ始動する第2弾の事業。これはある業界にイノベーションを起こすのだ!という意気込み。 ・・・なに。イノベーションて。何回聞いてもこの耳障りキライ。 革命とか新しい仕組みとか、そういえばいいのに。文字数もそっちのほうが少ないし なにより伝わるやん。なんでワザワザ分かりにくい言葉使うの?ナンナノ?馬鹿なの? と思ってしまう。 なので、たまに会話にこういう言葉使う人

地味な毎日

今日も明日も明後日も。 目の前の事をやっているだけじゃ、「ドラマ」は生まれない。 結果、昨日と変わらない地味な毎日になる。 地味な毎日の中では充実感が得られず、魂が失速していく。 なんかこう、このままずーっとこうなのか? と、感じ始めたりする。 だったら、何か昨日とは違う今日だけの事をやればいい。 食べた事ないもの食べてみる、聞いた事のないジャンルの音楽を聴く 行った事のない場所へ行ってみる。やっ

ADHD

ひょっとして?まさかな?ひょんなことからADHDの症状について調べてみた。そしたら、アレ?私、見事に当てはまる・・。 病院はまだ行ってないけど、ADHDって診断される確率80%はあるんじゃなかろうか。 いや、思い当たるのが小学生から振り返ってもありすぎてビックリするほど、たくさんのエピソードがある。そのすべてのエピソードというか事実が社会に出る前に「あ。おれ、たぶん無理だ。どうしよ・・・」と気づい