保険証ってヤバイ

保険証って、改めてヤバイと思った。いや、なんもヤバくないのだけど

メンバーの保険証が出来上がってきたとき

メンバー分はもちろん、家族の分もある。


こんなにたくさんの人たちの運命を託された。という気持ち。責任。

なにかのプロジェクトの責任とかと違って、人生の責任というか。

いや、一人で背負うものでもないし、背負えるものでもないこと。

メンバーを信じて、一緒にのり超えていくこと。


それは、分かっているけれど

でも、俺が守っていかなきゃ!という気持ちも必要というか

目の前の保険証が何か、そんな気持ちにさせる。


人生を背負った証。それが保険証に思えた。

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

割とたくさんのご応募を頂いて、うれしい限り。 ただ、まあアンマッチというか応募者が希望されている人生とは大分違うんじゃないか? と、思う方には今回は採用に至らない結果にさせていただいた。 例えば、どう考えてもIT系に興味がなさそうな人。 #アパレル業界や飲食希望しますって書いてますよ・・・ 大企業で安定している所を望みます!と言ってる人。 #あのまだ出来てまもなく小さい企業ですよ・・・ 求人サイト

人が情報を発信できる時代になってから、情報過多から取捨選択の時代とか言われているけれど、そういうこっちゃない事になってきてる気がする。 その一昔前は「情報」が足りないので「創造」して「確認行動」をしていた。 これが、「とりあえず行動してみないと分からないから行動してみろ」の由縁なんだろうけど、今は行動する前にある程度情報確認できるようになった。そのおかげで「創造」しなくなった。 これ、どういう事か

求人だして見て、今回わかったこと。どうやら若い人が多いEN転職での求人だと そういうこっちゃない。ということがわかってきた。 まだまだ勉強不足。 そういうこっちゃない。というのは 転職活動する中で「自分のポテンシャル」が何なのか分かってないのではないのだろうか? ということ。 これは、転職活動する上で皆わかった上で活動していると思っていたけれど、どうやらそうではないらしい。 ・業界 ・職種 この2