嬉しい悲鳴


開始まもないこの小さな小さな会社でも、クライアントに恵まれて

信頼していただいていて、もう感謝しかない。


本当にありがたいことに、新しい仕事のご依頼も頂いた。

正直、「やった!やった!」と昔の番組にあった葉っぱ隊の踊りを

したくなるほどだけど、、同時に困ったことが。


このホームページにも書いているけど

世の中、空前の人手不足。

しかし、この事業は一緒に働く仲間がいないと成立しない事業であるが故に

応募してきて貰えないと本当に困ってしまう。


ということで必死で求人サイトとか色々見てみた。聞いてみた。

求人サイトは、やはり有名どころじゃないと意味ないよ。とか。

仮に有名どころに求人だしても、結局100万単位でお金かけても

うまくマッチしないよ。なんてのは実際に求人を出したことがある

弊社メンバーから聞いた。


100万単位?え・・・

しかも、10年前くらいの話で?まだ人手不足になってない時代で?


そこに加えて、生まれたばかりの会社が求人だしても見向きもされないのでは?

どんなに条件を他社に負けないくらい頑張って募集しても

やっぱり見向きもされないのでは?


いきなり、最初の壁にぶち当たった・・・。

そこで、まずとった行動がこのホームページ。

まずはホームページを作ろう!

ここを見てもらえれば、まだ何かを伝えることができるかも?

という淡い期待もこめて。やれることをやっていくしかない。


でも、会社のホームページでございます!

みたいなホームページでは、「つまらん。」で終わりじゃないだろうか?

しかし、興味を引いてもらうことに全力で傾けたら、それはそれで

ふざけた会社だな。と、思われてしまうのではないか?


そこで出た結論は・・・。

もう、そのまま裸になった自分と、経営理念について

誠心誠意そのままを伝えること。これしかない。

正直、自分の人間性もなんもかんもさらけ出すのは恥ずかしいけれど

信用してもらうためには、まずは裸になろう。という結論に至った。


もし、このブログも含めてみてこのホームページを見て頂けたなら

本当に正直にそのまま、ココロの声を伝えます。


「力を貸してください!お願いします!」

36回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

イノベーション

もうまもなく、2社目が設立されてボチボチ始動する第2弾の事業。これはある業界にイノベーションを起こすのだ!という意気込み。 ・・・なに。イノベーションて。何回聞いてもこの耳障りキライ。 革命とか新しい仕組みとか、そういえばいいのに。文字数もそっちのほうが少ないし なにより伝わるやん。なんでワザワザ分かりにくい言葉使うの?ナンナノ?馬鹿なの? と思ってしまう。 なので、たまに会話にこういう言葉使う人

地味な毎日

今日も明日も明後日も。 目の前の事をやっているだけじゃ、「ドラマ」は生まれない。 結果、昨日と変わらない地味な毎日になる。 地味な毎日の中では充実感が得られず、魂が失速していく。 なんかこう、このままずーっとこうなのか? と、感じ始めたりする。 だったら、何か昨日とは違う今日だけの事をやればいい。 食べた事ないもの食べてみる、聞いた事のないジャンルの音楽を聴く 行った事のない場所へ行ってみる。やっ

ADHD

ひょっとして?まさかな?ひょんなことからADHDの症状について調べてみた。そしたら、アレ?私、見事に当てはまる・・。 病院はまだ行ってないけど、ADHDって診断される確率80%はあるんじゃなかろうか。 いや、思い当たるのが小学生から振り返ってもありすぎてビックリするほど、たくさんのエピソードがある。そのすべてのエピソードというか事実が社会に出る前に「あ。おれ、たぶん無理だ。どうしよ・・・」と気づい