嬉しい悲鳴


開始まもないこの小さな小さな会社でも、クライアントに恵まれて

信頼していただいていて、もう感謝しかない。


本当にありがたいことに、新しい仕事のご依頼も頂いた。

正直、「やった!やった!」と昔の番組にあった葉っぱ隊の踊りを

したくなるほどだけど、、同時に困ったことが。


このホームページにも書いているけど

世の中、空前の人手不足。

しかし、この事業は一緒に働く仲間がいないと成立しない事業であるが故に

応募してきて貰えないと本当に困ってしまう。


ということで必死で求人サイトとか色々見てみた。聞いてみた。

求人サイトは、やはり有名どころじゃないと意味ないよ。とか。

仮に有名どころに求人だしても、結局100万単位でお金かけても

うまくマッチしないよ。なんてのは実際に求人を出したことがある

弊社メンバーから聞いた。


100万単位?え・・・

しかも、10年前くらいの話で?まだ人手不足になってない時代で?


そこに加えて、生まれたばかりの会社が求人だしても見向きもされないのでは?

どんなに条件を他社に負けないくらい頑張って募集しても

やっぱり見向きもされないのでは?


いきなり、最初の壁にぶち当たった・・・。

そこで、まずとった行動がこのホームページ。

まずはホームページを作ろう!

ここを見てもらえれば、まだ何かを伝えることができるかも?

という淡い期待もこめて。やれることをやっていくしかない。


でも、会社のホームページでございます!

みたいなホームページでは、「つまらん。」で終わりじゃないだろうか?

しかし、興味を引いてもらうことに全力で傾けたら、それはそれで

ふざけた会社だな。と、思われてしまうのではないか?


そこで出た結論は・・・。

もう、そのまま裸になった自分と、経営理念について

誠心誠意そのままを伝えること。これしかない。

正直、自分の人間性もなんもかんもさらけ出すのは恥ずかしいけれど

信用してもらうためには、まずは裸になろう。という結論に至った。


もし、このブログも含めてみてこのホームページを見て頂けたなら

本当に正直にそのまま、ココロの声を伝えます。


「力を貸してください!お願いします!」

閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

割とたくさんのご応募を頂いて、うれしい限り。 ただ、まあアンマッチというか応募者が希望されている人生とは大分違うんじゃないか? と、思う方には今回は採用に至らない結果にさせていただいた。 例えば、どう考えてもIT系に興味がなさそうな人。 #アパレル業界や飲食希望しますって書いてますよ・・・ 大企業で安定している所を望みます!と言ってる人。 #あのまだ出来てまもなく小さい企業ですよ・・・ 求人サイト

人が情報を発信できる時代になってから、情報過多から取捨選択の時代とか言われているけれど、そういうこっちゃない事になってきてる気がする。 その一昔前は「情報」が足りないので「創造」して「確認行動」をしていた。 これが、「とりあえず行動してみないと分からないから行動してみろ」の由縁なんだろうけど、今は行動する前にある程度情報確認できるようになった。そのおかげで「創造」しなくなった。 これ、どういう事か

求人だして見て、今回わかったこと。どうやら若い人が多いEN転職での求人だと そういうこっちゃない。ということがわかってきた。 まだまだ勉強不足。 そういうこっちゃない。というのは 転職活動する中で「自分のポテンシャル」が何なのか分かってないのではないのだろうか? ということ。 これは、転職活動する上で皆わかった上で活動していると思っていたけれど、どうやらそうではないらしい。 ・業界 ・職種 この2