思ったのと違う・・・

経営者になると・・・色々と自由が!と簡単には思っていなかったけど。

このネット時代、ありがたいことに色んな人が色んな情報として掲載してくれているおかげで、「え?なにそれ?」と知らないままに突き進むことがなく今日を迎えている。いまだけだろうけど。まず、最初の会社設立で結構ビックリする。

①簡単に登記ができてしまうこと

必要書類って、こんだけなんだ


②設立(会社登記)後より、設立後の書類整備の方がめんどくさい

社会保険って?会社規定って?ああ、社労士の方の仕事なのね。でもお金ないよ・・・


③意外と役所の方が優しく教えてくれること

社会保険や会社規定で分からなくとも意外と役所の方が書き方おしえてくれる


④銀行めんどくさい

口座設立、引き落とし設定でイチイチ平日に出向く必要があるし、お金借りるわけじゃないのに審査ってなにさ。


そして、会社設立したら

①名刺を作る

一般的な名詞じゃ目立たない!でも、目立ちすぎると怪しい。でも、デザイン力はない。でも、自分のこだわりのデザインにしたい。でも、でもでも・・・中々決まらない。

そして、作ったあとに名刺配るタイミングの少なさにガッカリ。友人にあげるくらい(汗


②人を採用したい!けど、集まるわけない。

もう、これ。色んな人が言っているがこれ。優秀な人材がこない!とかいうならまだいい。

そもそも、優秀な人材とは、なんぞや。偉そうに。と思っている・・・

いや、実際「こんな人がきてくれないかなあ」とは思ってはいるけれど。

そうじゃなくて、応募してくれない。という場合は、どうすりゃいいのさ。


③ホームページを作る

これはもう、クライアント向けなんてカッコイイものは最初必要ない!と割り切った。

最初から「あの、ホームページをみたのですが御社に仕事を・・」なんて起きるわけない。

どこの馬のホネか分からないところに依頼するわけない。とくにBPOという事業特性上、ありえない。だから、求人特化型でいい。応募を見てくれる人へのメッセージツールとして利用!と割り切った。

割り切ったが、まあ、ホームページなんて作ったことないから参った。でもこの時代だれでも作れるツールがあるのはありがたかった。なので、参ったのは作り方ではなく「センス」

ホームページって技術じゃなくてセンスなのね・・・。


まだまだ、色々あるけれどここまではまあ、想定内というか思ったのと違うのは案外やれば出来るんだ。という事。つまりプラスの意味で思ったのと違ったこと。

でも、マイナスの意味での思ったのと違ったことは・・・


①社長なんだから色々自由でしょ。時間とかお金とか

これは、もう、まったく自由じゃない。いやむしろ社長じゃないほうがぜんぜん自由だと痛感する。これも、起業にむけてアレやコレやを見て聞いてしっていたからそれほど思っていたのと違わないけれど改めて本当、なに自由って。とおもった。


②今、楽しいでしょ!充実してるでしょ!

ここ。もう本当にこれが思っているのと全然違う。

「楽しむ余裕なんてない!」「充実というより疲弊・・」なにこれ。

いや、楽しいと思える瞬間はもちろんあるけれど、それは「瞬間」だけですぐ次にくるのは「不安」「どうしよう」「期待に応えなきゃ!」つまり「楽しいや嬉しいを味わえない」これは、いつになったら「味わえる」に変わるのかな・・。器じゃないからかなあ?と悩んでみたり。。。

でもまあ土手とかでボーっと「ああ、あの時こんな風に助けてくれたなあ」と社員に感謝したり、「ああ、今こんな風に悩めるのもクライアントのおかげだなあ」とか、そういうのは

ある。あるっちゃあるんだけど、なんというかイメージされる充実のソレとは違うと思う。

会社立ち上げる前は土日の友人と過ごす時間や趣味なんかに、その時その時間が楽しめていたけど、今は何やっても、頭の片隅から「アレ」やらなきゃ「コレ」どうすんの?が出てきて、帰って調べてみよう!と、調べたり作ったり、経理作業やったりしてるほうが落ち着く。と、きたもんだ。まあ、経理作業とかやったことないから、何かやれば、また「ナニコレ」どうすんの?と、なるわけだけども。年末調整ってなんなのコレ。書類の書き方やら計算の仕方もサッパリ。今まで名前とハンコ押すだけだった年末調整。サッパリ分からん。


③自分以外みんな優秀に見えてくる

オレが一番だ!となんというか思い込んでなきゃやってられない場面が多々あるわけだけども、まあ自分のことは自分が一番分かるわけで。周りの人が優秀に見える見える。

細かい気くばりができる人をみたら、自分の言動を振り返って「見習わなきゃ・・でも無理だ」空気よんで絶妙な言葉を使う人をみれば「そこで、その顔、その言葉!すごいなあ」オレなら面倒になって空気読むのやめちゃうかも・・。中間管理職の人をみれば「え。そんな風に言葉をかけるんだ。考えるんだ。その意図は分かるけど、俺には言えるかなあ」心削るなあ。と感嘆したり。

・・・なんだかなあ。社長って役割はもしかして誰でも出来るんじゃないか・・・。

良い社長、悪い社長はさておき。


まだまだ、これから思ってたのと違うこといっぱいあるんだろうなあ。

33回の閲覧

最新記事

すべて表示

ADHD

ひょっとして?まさかな?ひょんなことからADHDの症状について調べてみた。そしたら、アレ?私、見事に当てはまる・・。 病院はまだ行ってないけど、ADHDって診断される確率80%はあるんじゃなかろうか。 いや、思い当たるのが小学生から振り返ってもありすぎてビックリするほど、たくさんのエピソードがある。そのすべてのエピソードというか事実が社会に出る前に「あ。おれ、たぶん無理だ。どうしよ・・・」と気づい

納得、満足、感動

何かを行動したり、何かをプレゼントしたり、何かをお願いしたり。そんなときに意識しなくちゃいけないのは何か。 それは「相手」が納得してくれたか。 これは、最低限超えるべきハードル。サービス偏差値50のハードル。 これなくして、物事は進めてはいけない。 納得なんて関係ない。ルールなんだから、常識でしょ?とかいうのは論外。 でも、これやってる人結構いる。そしてそこに違和感を感じてもない人もいる。 まあ、

信用

商工リサーチから、今年度どうですか?提出してくれればデータベース更新するから。 って手紙が来た。帝国バンクからは来ないけど。 さて、この商工リサーチやら帝国バンクってなんちゅうか、変な会社だよなあ。 「信用」したいんでしょ?ホラ、信用できるかどうか数値化したから、知りたければ買いな!って商売。 企業の「信用」を勝手に数値化して売り物にしてる。しかもその売り物の情報は無料で吸い上げている。ホラよデー