3回目求人終了

割とたくさんのご応募を頂いて、うれしい限り。

ただ、まあアンマッチというか応募者が希望されている人生とは大分違うんじゃないか?

と、思う方には今回は採用に至らない結果にさせていただいた。


例えば、どう考えてもIT系に興味がなさそうな人。

#アパレル業界や飲食希望しますって書いてますよ・・・

大企業で安定している所を望みます!と言ってる人。

#あのまだ出来てまもなく小さい企業ですよ・・・

求人サイトのひな型そのままで●●のままな人。

#そこはせめて埋めようよ・・・

どこかに書いてある文言のコピペみたいな人。

#結構多かったいITパスポートと簿記とります。いやあのそれはIT業界以外に応募するときで且つ新卒の就活でよく言うテンプレ・・・


何というか、どう考えてもお互い幸せになれる結果になるとは思えないのですという人が結構多かった気がする。

いっそ、今の所では生活が苦しい。とか、潰れそう。とか、何とかしないとと焦ってます。

もう仕事なら何でもいい。と書いてもらった方がよっぽど分かりやすいというか。

でも、そっか。一度迷子になるともうずっと迷子になっちゃうんだろうなあ。


いや、転職理由なんて大体察してるから、もはや聞くまでもないのだけど

あまりに向かいたい未来にかけ離れて興味もなんもない仕事なんて、どうせポテンシャルなんて発揮できないよ。興味ないから勉強もしないだろうし。というのは分かっていても

どうしようもないのかな。


迷子が行きつく先は、年を取るにつれてどこに行きついてしまうのだろう、、、

こういう事は誰も教えてくれないのかな。キャリアコンサルは役立たないのかな。

それ以前にそもそも選択肢がないのかな。

人間が何か成果を出せるのなんて、結局追い込まれた人。しかいないと思っているので

どれだけ追い込まれているかアピールしてもらった方がなんか採用しやすい。

と、思った3回目の求人だった。






閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

人が情報を発信できる時代になってから、情報過多から取捨選択の時代とか言われているけれど、そういうこっちゃない事になってきてる気がする。 その一昔前は「情報」が足りないので「創造」して「確認行動」をしていた。 これが、「とりあえず行動してみないと分からないから行動してみろ」の由縁なんだろうけど、今は行動する前にある程度情報確認できるようになった。そのおかげで「創造」しなくなった。 これ、どういう事か

求人だして見て、今回わかったこと。どうやら若い人が多いEN転職での求人だと そういうこっちゃない。ということがわかってきた。 まだまだ勉強不足。 そういうこっちゃない。というのは 転職活動する中で「自分のポテンシャル」が何なのか分かってないのではないのだろうか? ということ。 これは、転職活動する上で皆わかった上で活動していると思っていたけれど、どうやらそうではないらしい。 ・業界 ・職種 この2

さてはて3回目の募集が今日11/25からスタートした訳ですが この時期は転職活動時期としてはあまり活発な時期ではないのは承知の上で募集してみたのだけれど、やっぱり応募数はこれまでより少ない。 でもこれは時期だけじゃない気がする。 コロナの影響で、何となく「今、転職活動するのは危険」という風潮がある気がする。 と、同時に応募者の職歴みると本当は転職するつもりのない人が増えてる。 前職アパレルとかは、