はじめまして。3Cパートナーズの代表を務める柴田宗洋と申します。

唐突ですが、私は「派遣契約」というのが嫌いです。

というのも私自身派遣社員歴が長く、たくさんの仲間も見てきました。

「派遣契約」というのは、どうしても先の見えない未来の中でいつ契約がなくなるのか

そんな恐怖におびえて毎日を暮らす事が当たり前です。

もちろん、自分で歩んできた道ですから誰に文句も言い訳もできません。

ただ、どこかで一度レールを外してしまうと次は当然ハードルが高くなります。

その最初のきっかけは小学生のときだったかもしれない。

中学生、高校生、大学生のときだったかもしれない。もちろん社会人になってからも。

ちょっとした出来事で意外と簡単にレールは外れてしまいます。

自身の心の病気や怪我、親族の看病など自分の努力じゃどうにも出来ない事もあります。

その先は、生活する為に「派遣契約」になってしまうケースを周りを見ていて本当に多かった様に思います。

派遣契約で時間を刻んでしまった人は

もう一度振り返りチャレンジしていく強さが必要になります。

 でも、その最初の一歩の勇気が中々踏み出せない気持ちもわかります。

スキル不足、経験不足からくる自信のなさ。家族や環境。心身や年齢。

色々あると思います。結果、現状維持を選んでしまう。

偶然降ってくるチャンスがないかな。と思いながらも

そんな事は起きないとわかっています。

チャンスは生み出すもの。生み出す為には行動すること。考える事。もがく事。

それでも、チャンスは来ない事が多いかもしれません。

  

そんな人の弱さを元にして、今の派遣業界がここまで成長してしまっていると思っています。

言い方が悪いかも知れませんが、人の弱さを食い物にしているかの様に見えてしまう事が派遣契約が嫌いな理由です。

でも、実はその「弱さ」と「繊細さ」は武器になるんです。

その武器があるので、今の自分があると思っています。

クライアントから信用・信頼をいただけていると信じています。

 

長くなりましたが、私の自己紹介をご挨拶とさせていただきました。

これから出会えるクライアントや一緒に働く仲間との出会いを楽しみにしています。

                                  代表社員 柴田宗洋