信用

商工リサーチから、今年度どうですか?提出してくれればデータベース更新するから。

って手紙が来た。帝国バンクからは来ないけど。


さて、この商工リサーチやら帝国バンクってなんちゅうか、変な会社だよなあ。

「信用」したいんでしょ?ホラ、信用できるかどうか数値化したから、知りたければ買いな!って商売。


企業の「信用」を勝手に数値化して売り物にしてる。しかもその売り物の情報は無料で吸い上げている。ホラよデータベースに乗せてやるから、よかったな。みたいな感じ。

こんな会社が数値化したもので企業の偏差値を付けられてしまい、世の中に勝手に売られている。買う方も、うんその偏差値なら信用できる。と信じている。


いやさ、何かさ。どうなの?って気持ち的にモヤモヤするのはなんでかな。

知らないやつに、あいつ、ほらテストの点結構いい点だしてるから信用していいよ!と言われてる感じ。もしくは点数わるいからやめた方がいいよ。と言われている感じ。

いや財務状況や事業状況は数値化できて、動かぬ事実だから、それは仕方ないでしょ。

って、いうのは分かってる。分かってるけど、何かなあ。


汗水たらして、人間づきあいから生まれる信用のそれとは違うのも分かってる。分かってるけど、なんかなあ。

とか思いながら、うん。出したよ。商工リサーチに今年度の決算書。




8回の閲覧

最新記事

すべて表示

ADHD

ひょっとして?まさかな?ひょんなことからADHDの症状について調べてみた。そしたら、アレ?私、見事に当てはまる・・。 病院はまだ行ってないけど、ADHDって診断される確率80%はあるんじゃなかろうか。 いや、思い当たるのが小学生から振り返ってもありすぎてビックリするほど、たくさんのエピソードがある。そのすべてのエピソードというか事実が社会に出る前に「あ。おれ、たぶん無理だ。どうしよ・・・」と気づい

納得、満足、感動

何かを行動したり、何かをプレゼントしたり、何かをお願いしたり。そんなときに意識しなくちゃいけないのは何か。 それは「相手」が納得してくれたか。 これは、最低限超えるべきハードル。サービス偏差値50のハードル。 これなくして、物事は進めてはいけない。 納得なんて関係ない。ルールなんだから、常識でしょ?とかいうのは論外。 でも、これやってる人結構いる。そしてそこに違和感を感じてもない人もいる。 まあ、

ブランディング

コレなんだ?って話。 ブランドって「人」「組織」「商品」「サービス」と思いつく所ではこんな感じ。 ここにブランドがつく訳だけど、これがかなり大事。 「人」これは「楽しい人」「信用できる人」「嫌な人」「難しい人」要するに イメージするキャラクターの様なもの。これが個人じゃなくて複数の人が共通でイメージを 持つと「ブランド」になる。 ブランドはまだ知らない人へ影響する。あの人は「信用できる人」だから相