期待

人を信じること。期待すること。


これは、美しい言葉の様に聞こえるけれど違うと思っている。

ハッキリ言って「無責任」だと思ってしまう。


あなたを信じているから。

あなたに期待してるから。


言い換えれば、あなたが一人で何もかも頑張ってなんとかするんだよ。という意味。

もう、これは「丸投げ」でしかないようにも聞こえる。

確かに、一人で何とかしないといけない事はいっぱいある。

でも言われた方は、そんな事はわかってる。いや、分かってないケースもあるけども

「期待されてるんだ!」と、思う人もいるかもしれないけれど

この言葉を使うときは、まず相手が「私に任せて!」と言ってきた時に初めて使える言葉のような気がする。

が、それでも結果が出ないことの方が多い。


それでも良い。ただ、任せて!と「責任もってやってみる!」と言ってくれた事に感謝すべきであって、その結果がうまくいかなかったのは「フォロー」が足りなかったから。というのがほとんど。


何が言いたいかというと、ついつい使ってしまう事があるこの言葉は使うときは自分も一緒につきあう覚悟をもって、言ってくれた事に感謝しないといけない。

ということを忘れちゃならない自分への戒めとして刻んでおこうと思ったので、ここに書き込んでおこうというメモみたいな話。





閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

起業した場合、これからする場合、もしくは起業して5年そこらの場合 あれは?これは?とアイデアだけはポンポン浮かんできますが、具体的に計画に落とす前に あ。これはダメだと気付き、次に計画に落としながら、あ、これもダメだ。と消えていきます。 え、そんなのやってみないと分からない。行動あるのみ!10やれば1くらい当たるかもしれない。1当たれば十分取り返せるさ!という事も良く聞くと思いますが、これは、なん

ブログといいつつ、ちゃんと更新できていないのでちょっと更新するクセをつけようと思って今日から書いてみる。 1. 社長って結構しんどいよ えっとね、これね。何か自由そうに思うじゃん。なんでも勝手気ままに生きてると思うじゃん。いや、ホント気ままに生きたいけど、「明日どうなるか分かりません」そのために備えて今を生きなさい。っていうもう一人の自分が消えない。遊ぼうものなら「おいおい、いいのか?」って言って

なんというか、立て続け💦 これまで、退職者が誰もでなかったのだけれども、遂に退職者がでてしまった・・・ ま、理由的には仕方がないのだけれど、これでお別れという訳でもないので 気持ち的には、落ち込まないで済んでいるかな。 と言う訳で、急遽5回目の求人。 はてさて、皆さん興味は頂いているようだけども いつもと違って何だか応募までしてくれる方は少なめ。 何故なのかな?うーん。時期的に中途半端な時期とも