期待

人を信じること。期待すること。


これは、美しい言葉の様に聞こえるけれど違うと思っている。

ハッキリ言って「無責任」だと思ってしまう。


あなたを信じているから。

あなたに期待してるから。


言い換えれば、あなたが一人で何もかも頑張ってなんとかするんだよ。という意味。

もう、これは「丸投げ」でしかないようにも聞こえる。

確かに、一人で何とかしないといけない事はいっぱいある。

でも言われた方は、そんな事はわかってる。いや、分かってないケースもあるけども

「期待されてるんだ!」と、思う人もいるかもしれないけれど

この言葉を使うときは、まず相手が「私に任せて!」と言ってきた時に初めて使える言葉のような気がする。

が、それでも結果が出ないことの方が多い。


それでも良い。ただ、任せて!と「責任もってやってみる!」と言ってくれた事に感謝すべきであって、その結果がうまくいかなかったのは「フォロー」が足りなかったから。というのがほとんど。


何が言いたいかというと、ついつい使ってしまう事があるこの言葉は使うときは自分も一緒につきあう覚悟をもって、言ってくれた事に感謝しないといけない。

ということを忘れちゃならない自分への戒めとして刻んでおこうと思ったので、ここに書き込んでおこうというメモみたいな話。





閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

割とたくさんのご応募を頂いて、うれしい限り。 ただ、まあアンマッチというか応募者が希望されている人生とは大分違うんじゃないか? と、思う方には今回は採用に至らない結果にさせていただいた。 例えば、どう考えてもIT系に興味がなさそうな人。 #アパレル業界や飲食希望しますって書いてますよ・・・ 大企業で安定している所を望みます!と言ってる人。 #あのまだ出来てまもなく小さい企業ですよ・・・ 求人サイト

人が情報を発信できる時代になってから、情報過多から取捨選択の時代とか言われているけれど、そういうこっちゃない事になってきてる気がする。 その一昔前は「情報」が足りないので「創造」して「確認行動」をしていた。 これが、「とりあえず行動してみないと分からないから行動してみろ」の由縁なんだろうけど、今は行動する前にある程度情報確認できるようになった。そのおかげで「創造」しなくなった。 これ、どういう事か

求人だして見て、今回わかったこと。どうやら若い人が多いEN転職での求人だと そういうこっちゃない。ということがわかってきた。 まだまだ勉強不足。 そういうこっちゃない。というのは 転職活動する中で「自分のポテンシャル」が何なのか分かってないのではないのだろうか? ということ。 これは、転職活動する上で皆わかった上で活動していると思っていたけれど、どうやらそうではないらしい。 ・業界 ・職種 この2