要求

「要求」これ、されて嬉しい人はいないと思う。これは一方的だから。

要求してると分かってやってる人も、分からずやってる人もどっちもダメ。

要求だけするのは子供。大人のする事じゃない。

ダダこねてるワガママと一緒で、大人のVerは言い方変わって「お願い」「懇願」

それは一緒なんだけどなあ。分かってるのかな。低姿勢になればいいッテモンじゃない。


ちまたにアフレル言葉で「ギバー:Giver」になろう。ってのがある。もう結構メジャーで当たり前になっているけど「うんうん。その通りだ。」という人に限ってこの

一方的な要求をしている事が多々ある。

これは「やってあげているので、感謝しろ」のパターンもそれにあたる。


この要求ってのはテイカー行為。ギバーの反対。クレクレ君。

しかし、その実態、ギバーだと思ってやってる人も結構いる。

これがやっかい。


そして、もらったものに文句言う人もいる。

正確にはこれもまた文句言ってるつもりじゃないのかも知れないけれど、それは文句だよ。

というケースもある。

お土産に文句いうアレににてる。もらった物なんだからそこにブツブツ文句いうのはもう

オカシイ通り越して、何が発動してるのソレ。というレベル。

ただ、ありがた迷惑というのもある。


最低でもGive&Take

お金を払って対価を得る。とか「○○するから」変わりに○○お願いできる?と聞いて

その行為が等価交換になっているか確認くらいはやらないとならない。

会社の中では給与と労働がそれにあたるのだけども。


何が言いたいかというと

本当、知らないうちに誰かを不快にさせてる事があるので気を付けよう。

それは、Win-WinでもなくWin-LoseでもなくLose-Loseになってる。という改めて自分への戒め。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

起業した場合、これからする場合、もしくは起業して5年そこらの場合 あれは?これは?とアイデアだけはポンポン浮かんできますが、具体的に計画に落とす前に あ。これはダメだと気付き、次に計画に落としながら、あ、これもダメだ。と消えていきます。 え、そんなのやってみないと分からない。行動あるのみ!10やれば1くらい当たるかもしれない。1当たれば十分取り返せるさ!という事も良く聞くと思いますが、これは、なん

ブログといいつつ、ちゃんと更新できていないのでちょっと更新するクセをつけようと思って今日から書いてみる。 1. 社長って結構しんどいよ えっとね、これね。何か自由そうに思うじゃん。なんでも勝手気ままに生きてると思うじゃん。いや、ホント気ままに生きたいけど、「明日どうなるか分かりません」そのために備えて今を生きなさい。っていうもう一人の自分が消えない。遊ぼうものなら「おいおい、いいのか?」って言って

なんというか、立て続け💦 これまで、退職者が誰もでなかったのだけれども、遂に退職者がでてしまった・・・ ま、理由的には仕方がないのだけれど、これでお別れという訳でもないので 気持ち的には、落ち込まないで済んでいるかな。 と言う訳で、急遽5回目の求人。 はてさて、皆さん興味は頂いているようだけども いつもと違って何だか応募までしてくれる方は少なめ。 何故なのかな?うーん。時期的に中途半端な時期とも