要求

「要求」これ、されて嬉しい人はいないと思う。これは一方的だから。

要求してると分かってやってる人も、分からずやってる人もどっちもダメ。

要求だけするのは子供。大人のする事じゃない。

ダダこねてるワガママと一緒で、大人のVerは言い方変わって「お願い」「懇願」

それは一緒なんだけどなあ。分かってるのかな。低姿勢になればいいッテモンじゃない。


ちまたにアフレル言葉で「ギバー:Giver」になろう。ってのがある。もう結構メジャーで当たり前になっているけど「うんうん。その通りだ。」という人に限ってこの

一方的な要求をしている事が多々ある。

これは「やってあげているので、感謝しろ」のパターンもそれにあたる。


この要求ってのはテイカー行為。ギバーの反対。クレクレ君。

しかし、その実態、ギバーだと思ってやってる人も結構いる。

これがやっかい。


そして、もらったものに文句言う人もいる。

正確にはこれもまた文句言ってるつもりじゃないのかも知れないけれど、それは文句だよ。

というケースもある。

お土産に文句いうアレににてる。もらった物なんだからそこにブツブツ文句いうのはもう

オカシイ通り越して、何が発動してるのソレ。というレベル。

ただ、ありがた迷惑というのもある。


最低でもGive&Take

お金を払って対価を得る。とか「○○するから」変わりに○○お願いできる?と聞いて

その行為が等価交換になっているか確認くらいはやらないとならない。

会社の中では給与と労働がそれにあたるのだけども。


何が言いたいかというと

本当、知らないうちに誰かを不快にさせてる事があるので気を付けよう。

それは、Win-WinでもなくWin-LoseでもなくLose-Loseになってる。という改めて自分への戒め。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

イノベーション

もうまもなく、2社目が設立されてボチボチ始動する第2弾の事業。これはある業界にイノベーションを起こすのだ!という意気込み。 ・・・なに。イノベーションて。何回聞いてもこの耳障りキライ。 革命とか新しい仕組みとか、そういえばいいのに。文字数もそっちのほうが少ないし なにより伝わるやん。なんでワザワザ分かりにくい言葉使うの?ナンナノ?馬鹿なの? と思ってしまう。 なので、たまに会話にこういう言葉使う人

地味な毎日

今日も明日も明後日も。 目の前の事をやっているだけじゃ、「ドラマ」は生まれない。 結果、昨日と変わらない地味な毎日になる。 地味な毎日の中では充実感が得られず、魂が失速していく。 なんかこう、このままずーっとこうなのか? と、感じ始めたりする。 だったら、何か昨日とは違う今日だけの事をやればいい。 食べた事ないもの食べてみる、聞いた事のないジャンルの音楽を聴く 行った事のない場所へ行ってみる。やっ

ADHD

ひょっとして?まさかな?ひょんなことからADHDの症状について調べてみた。そしたら、アレ?私、見事に当てはまる・・。 病院はまだ行ってないけど、ADHDって診断される確率80%はあるんじゃなかろうか。 いや、思い当たるのが小学生から振り返ってもありすぎてビックリするほど、たくさんのエピソードがある。そのすべてのエピソードというか事実が社会に出る前に「あ。おれ、たぶん無理だ。どうしよ・・・」と気づい