要求

「要求」これ、されて嬉しい人はいないと思う。これは一方的だから。

要求してると分かってやってる人も、分からずやってる人もどっちもダメ。

要求だけするのは子供。大人のする事じゃない。

ダダこねてるワガママと一緒で、大人のVerは言い方変わって「お願い」「懇願」

それは一緒なんだけどなあ。分かってるのかな。低姿勢になればいいッテモンじゃない。


ちまたにアフレル言葉で「ギバー:Giver」になろう。ってのがある。もう結構メジャーで当たり前になっているけど「うんうん。その通りだ。」という人に限ってこの

一方的な要求をしている事が多々ある。

これは「やってあげているので、感謝しろ」のパターンもそれにあたる。


この要求ってのはテイカー行為。ギバーの反対。クレクレ君。

しかし、その実態、ギバーだと思ってやってる人も結構いる。

これがやっかい。


そして、もらったものに文句言う人もいる。

正確にはこれもまた文句言ってるつもりじゃないのかも知れないけれど、それは文句だよ。

というケースもある。

お土産に文句いうアレににてる。もらった物なんだからそこにブツブツ文句いうのはもう

オカシイ通り越して、何が発動してるのソレ。というレベル。

ただ、ありがた迷惑というのもある。


最低でもGive&Take

お金を払って対価を得る。とか「○○するから」変わりに○○お願いできる?と聞いて

その行為が等価交換になっているか確認くらいはやらないとならない。

会社の中では給与と労働がそれにあたるのだけども。


何が言いたいかというと

本当、知らないうちに誰かを不快にさせてる事があるので気を付けよう。

それは、Win-WinでもなくWin-LoseでもなくLose-Loseになってる。という改めて自分への戒め。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

割とたくさんのご応募を頂いて、うれしい限り。 ただ、まあアンマッチというか応募者が希望されている人生とは大分違うんじゃないか? と、思う方には今回は採用に至らない結果にさせていただいた。 例えば、どう考えてもIT系に興味がなさそうな人。 #アパレル業界や飲食希望しますって書いてますよ・・・ 大企業で安定している所を望みます!と言ってる人。 #あのまだ出来てまもなく小さい企業ですよ・・・ 求人サイト

人が情報を発信できる時代になってから、情報過多から取捨選択の時代とか言われているけれど、そういうこっちゃない事になってきてる気がする。 その一昔前は「情報」が足りないので「創造」して「確認行動」をしていた。 これが、「とりあえず行動してみないと分からないから行動してみろ」の由縁なんだろうけど、今は行動する前にある程度情報確認できるようになった。そのおかげで「創造」しなくなった。 これ、どういう事か

求人だして見て、今回わかったこと。どうやら若い人が多いEN転職での求人だと そういうこっちゃない。ということがわかってきた。 まだまだ勉強不足。 そういうこっちゃない。というのは 転職活動する中で「自分のポテンシャル」が何なのか分かってないのではないのだろうか? ということ。 これは、転職活動する上で皆わかった上で活動していると思っていたけれど、どうやらそうではないらしい。 ・業界 ・職種 この2