3C

最終更新: 6月12日

chance challenge change


これは「行動理念」

チャンスは、自分で旗を振らないと訪れない。

チャレンジは、人が信用・信頼してくれないとできない。

チェンジは、自分でやろうと思って行動した事でないとチェンジできない。


なので、この行動理念の順序については

チャレンジさせてもらえる為に普段から信用を稼がないといけない。

普段信用を稼ぐとは、泥臭く一つ一つ人の嫌がることや誰かのために仕事をすること。

自分ファーストとならずに、他人ファーストで行動して結果を出す事。

この他人ファーストの結果を出し続ける事で少しづつ信用がたまって、信頼に変わる事。


これが「土台」

この土台の上で「旗」を振って、自分がやり通すという思いと結果を出して初めて

チャンスを生み出して、チャレンジできる体制や協力が得られて、その結果成功しても失敗しても、自分の体験として血肉になりチェンジする。


だから、本当に地味な普段の努力が大事で、他人ファーストが大事。

この他人ファーストにするというのが「人格」だから、まず「人格」からと思って普段から話をしているのだけれど・・・中々伝わらない気がしている。

色んな人から信用される為の他人ファーストの人格って結局自分に返ってくるんですけど

かえって来るのは大分あと、他人ファースト実行中は本当に大変。でも、圧倒的にその後の

チャンスに繋がったり、何かの時に助けてくれたり、何等かで返ってくる事が多いです。

ただ、見返り期待での他人ファースト行動はモハヤ自分ファーストなのでダメなんですが。


次の会社を作ろうと思っているのだけど、次はこの人格理念を入れた会社名にしようかな。

理念は、忘れたころに振り替える事ができるようにしたい。

でも、振り返るより普段から意識したい。だから会社名にしてるのだけど

他の会社ってどうなんだろうなあ。

12回の閲覧

最新記事

すべて表示

ADHD

ひょっとして?まさかな?ひょんなことからADHDの症状について調べてみた。そしたら、アレ?私、見事に当てはまる・・。 病院はまだ行ってないけど、ADHDって診断される確率80%はあるんじゃなかろうか。 いや、思い当たるのが小学生から振り返ってもありすぎてビックリするほど、たくさんのエピソードがある。そのすべてのエピソードというか事実が社会に出る前に「あ。おれ、たぶん無理だ。どうしよ・・・」と気づい

納得、満足、感動

何かを行動したり、何かをプレゼントしたり、何かをお願いしたり。そんなときに意識しなくちゃいけないのは何か。 それは「相手」が納得してくれたか。 これは、最低限超えるべきハードル。サービス偏差値50のハードル。 これなくして、物事は進めてはいけない。 納得なんて関係ない。ルールなんだから、常識でしょ?とかいうのは論外。 でも、これやってる人結構いる。そしてそこに違和感を感じてもない人もいる。 まあ、

信用

商工リサーチから、今年度どうですか?提出してくれればデータベース更新するから。 って手紙が来た。帝国バンクからは来ないけど。 さて、この商工リサーチやら帝国バンクってなんちゅうか、変な会社だよなあ。 「信用」したいんでしょ?ホラ、信用できるかどうか数値化したから、知りたければ買いな!って商売。 企業の「信用」を勝手に数値化して売り物にしてる。しかもその売り物の情報は無料で吸い上げている。ホラよデー